イベント情報

第107回ニューフロンティア材料部会例会

自動車の未来を支える新材料・新技術

―異種材料接合・接着、マルチマテリアル化―

ご  案  内

ここ数年自動車に関して、AIによる自動運転、ガソリンエンジン車からEVへ、そしてライドシエアなど、技術革新とそれによる社会の近未来像が集約された提案が盛んになされています。車体(ボディ)に対しては、新技術に対応可能な柔軟なものづくり、そして従来からの軽量化やコストダウンの要求に答えるため様々な技術の開発が進んでいます。例えば、新たな材料を車体に導入する、すなわちマルチマテリアル化やそれに必要な異種材料接合・接着技術が注目されています。これは、自動車分野に限定されず、スマートフォンのような小型電子機器など多くの工業製品が目指す方向です。今回の例会では、自動車製造における異種材料接合・接着を話題の中心に、第一線で御活躍のお二方に、「自動車の接着技術」、「摩擦かくはん接合」について御講演いただきます。新製品・新技術紹介では、「しなやかなタフポリマー」、「構造用接着剤」、「金属と樹脂の直接接合」、「精密抵抗溶接」について、各メーカーから御紹介いただきます。また、参加者相互の情報交換と交流を深めていただくことを目的としまして、講演終了後に講師の方々を囲む情報交換会を設定しておりますので、多数の方々の御参加をお待ちしています。

事業名  第107回ニューフロンティア材料部会例会
開催日  2019年3月8日(金) 13:00より
場 所  KKRホテル大阪
定 員  100名(申込先着順)
参加費  10,800円(当日受付にていただきます)
主 催 (一社)大阪工研協会
後 援 (地独)大阪産業技術研究所
パンフレット  【PDF】第107回ニューフロンティア材料部会例会

プログラム

◎ 話題提供

1.最新の接着技術                                                                                                                                                                                   (13:00~14:10)

(スピーカー)                                                                                                                       東京工業大学 科学技術創成研究院 准教授  佐 藤 千 明 氏

(コーディネーター)                                                                                                                                              大阪市立大学 教授  堀 邊 英 夫 氏

自動車構造の軽量化に伴い、新材料の導入が進み、接合手法も変わりつつある。接着接合は各種の利点を有しているものの、従来の溶接とは異なる部分も多い。本講演では、接着接合部の基礎的力学、強度評価法、並びに接合部の設計法について解説する。

 

2.異材接合技術を用いた自動車の軽量化技術 ~スチールとアルミ異材摩擦かくはん接合の事例~                                                                              (14:10~15:20)

(スピーカー)                                                                                                               ㈱本田技術研究所 4輪R&Dセンター 研究開発主事 佐 山   満 氏

(コーディネーター)                                                                                                                                                            センカ㈱  稲 垣 篤 郎 氏

世界的な温暖化対策として、自動車からのCO2排出量削減が求められている。その方法として、エンジンやミッションの高効率化、及び車体やシャーシ部品の軽量化による走行抵抗低減がある。軽量化には、強度・剛性とのバランスを考慮したマルチマテリアル化が必須となっている。この軽量化技術について事例を示して解説する。

◎ 新技術・新製品紹介

① 「しなやかなタフポリマー」を活用したコンセプトカーの開発                                                                                                                       (15:30~16:00)

                                                                                                                            東レ・カーボンマジック㈱ プロジェクトマネージャー  竹 林 康 仁 氏

弊社が内閣府総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)「超薄膜化・強靭化『しなやかなタフポリマー』の実現」(伊藤耕三プログラム・マネージャー)によって創出された材料群の特質を生かし、その原理や手法を分かりやすく車両コンセプトとして構築した。自動車設計・複合材構造開発技術の紹介と、「しなやかなタフポリマー」材料群の自動車分野への展開について発表する。

 

② 生産効率改善に向けた新ハイブリッド構造用接着剤                                                                                                                                     (16:00~16:30)

                                                                                                                                             ヘンケルジャパン㈱ セールスエンジニア  室   幸 志 氏

自動車関連も含め、さまざまな製造業で、人手不足・生産効率問題の課題が叫ばれる中、これらの課題を解決すべくLOCTITEブランドの新製品として、革新的なハイブリッド接着剤をラインナップいたしました。生産コストの改善とともに、幅広い材質への接着、接着剤の信頼性、耐久性を向上させることで新しい設計ソリューションを提案いたします。

 

③ 金属樹脂接合技術 AMALPHA(アマルファ)                                                                                                                                           (16:30~17:00)

                                                                                                                                                                    メック㈱ 新事業開発室  内 藤 勇 太 氏

工業製品の開発・製造において設計の自由度、小型化、軽量化等のニーズが高まっている中、1つのソリューションとして、金属と樹脂との直接接合技術がある。当社ではエッチング(粗化)技術であるアマルファ(AMALPHA)を展開している。今回はアマルファの技術、事例を紹介する。

 

④ 『薄い、小さい、細い』金属同士の精密抵抗溶接                                                                                                                                        (17:00~17:30)

                                                                                                                                                              三興工業㈱ 代表取締役社長  保 倉   健 氏

電池関連部品の溶接に従事してきた弊社は、ECOで安心、安全、熱影響の少ない溶接を得意としています。この溶接技術は電池だけに限らず、『薄い、小さい、細い』部品加工にも拡がっています。特に半田付け、レーザー溶接の代替溶接技術としても注目を集めています。本講演では『薄い、小さい、細い』部品への溶接事例を紹介します。

 

情報交換会 ~話題と人の輪を広げるために~

申込要領

定 員 100名(申込先着順)

参加費 10,800円(当日受付にていただきます)

申込先 〒536-8553 大阪市城東区森之宮1-6-50  (地独) 大阪産業技術研究所森之宮センター内

お問い合せ先 一般社団法人大阪工研協会宛 TEL(06)6962-5307 FAX(06)6963-2414

                             E-mail: info@osakaira.com   https://www.osakaira.com

◎参加ご希望の方は下記申込書にて2019年2月25日(月)までにお申し込み下さい。

WEB(イベント情報)からの申込みも可能です。