イベント情報

第50回 有機合成セミナー(2018)

「様々な分野で活躍する有機機能材料とその製造を支える有機化学」

 有機材料は、セラミックス、金属と並んで工業製品材料の大きな柱の一つですが、分子レベルからの設計が可能、成形加工段階での制御幅が大きい、様々な形態や機能を自由に選択できるという利点があり、新素材開発の観点から今でも私たちに大きな夢を運んでくる材料です。特に、環境、エネルギー、エレクトロニクスなどの先端技術分野において多用される様々な有機機能材料は、今後もその機能にめざましい発展が期待できると同時に、それら材料の製造を下支えする有機合成技術においても継続的な研究開発が重要になってきています。

本セミナーにおきましては、“様々な分野で活躍する有機機能材料とその製造を支える有機化学”をテーマとして、高い靱性を有する耐熱性樹脂、合成樹脂用難燃剤、有機合成に有用な新規エーテル系溶剤、近年用途が急拡大しているUV硬化剤、燃料電池用イオン導電性高分子薄膜などの有機機能材料や有機合成技術に関する最新の研究動向について取り上げました。

これらの分野の第一線で活躍されている先生方にわかりやすく具体的に解説していただきますので、有機材料分野の研究者、技術者をはじめ、研究企画、管理に携わっておられる方々にも有益で貴重な情報を得ていただき、それぞれの企業での独自の新技術開発にご利用頂けるものと確信いたしております。是非この機会にご参加いたけますようご案内申し上げます。

事業名 第50回 有機合成セミナー(2018)
開催日 2018年10月24日(水)
場所 (地独)大阪産業技術研究所 森之宮センター
主催 (一社)大阪工研協会
後援 (地独)大阪産業技術研究所
協賛 (一社)近畿化学協会、ファインケミカルズ研究会
パンフレット 【PDF】有機合成セミナー

―セミナー内容―

◎ ビスマレイミド系高耐熱樹脂の材料設計……………………………… (9:30~10:40)

                                                                                                                                                (地独)大阪産業技術研究所 研究主幹  大 塚 恵 子

近年、半導体封止材料やプリント配線板などの車載用デバイス実装材料をはじめとして、さまざまな分野で使用される樹脂材料に高耐熱性が要求されている。そのなかでビスマレイミド樹脂は高耐熱樹脂として注目されているが、靱性に劣ることが欠点である。本講演では、ビスマレイミド樹脂の靱性を向上させるための材料設計や、大阪産業技術研究所と企業との共同研究成果について紹介する。

 

 

◎ 合成樹脂用難燃剤に関する概要と開発事例………………………… (10:50~12:00)

                                                                                                                 大八化学工業㈱ 商品開発部難燃剤グループ グループリーダー  植 木 健 博

我々の生活を取り巻く各種製品には高分子材料が多く用いられているが、その大部分は本来非常に燃えやすい材料であり、燃焼時には有毒ガスを発生させるといった問題がある。そこで、火災時に人命を守り被害を軽減するため、用いられる材料に応じて多種多様な難燃剤が添加されている。本講演では、燃焼と難燃化のメカニズムおよび難燃評価方法、これまで用いられてきた難燃剤とその特徴、最近の環境規制、ならびに当社でのこれまでの開発事例について説明する。

 

 

◎ クラレC4誘導体の展開と新規開発溶剤MTHPについて…. (12:45~13:55)

                                                                                                           ㈱クラレ 新潟事業所 スペシャリティケミカル生産・技術・開発部  福 本 隆 司

㈱クラレ イソプレンケミカル事業部はC4(イソブチレン、ブタジエン)を原料とし、これまで培ってきた合成技術を駆使してユニークな製品を展開しています。今回ご紹介する4-メチルテトラヒドロピラン(MTHP)は、THFと同様な溶解能を有しつつ、水との分離性、耐酸化性、耐酸性といった特徴をもつ新規環状エーテル溶剤です。本講演では、これらの特徴と共にGrignard反応を中心に種々の反応への適用例についてご紹介します。

 

 

◎ 独自設計によるUV硬化性モノマーの開発………………………… (14:05~15:15)

                                                                                                                            ㈱日本触媒 生産本部 生産技術センター 主任研究員  西 井 聖 悦

UV硬化技術は省エネルギー、環境負荷が少ない、高生産性などの実用的な観点から優れた技術であり、塗料、インキ、接着剤、エレクトロニクス関連材料など様々な用途で利用され、現在産業に欠くことのできない技術となっている。本講演では、UV硬化性反応性希釈剤として優れた性能を発揮する異種重合性モノマー(VEEA)、環化重合性モノマー(AOMA®)の分子設計から量産化及びその硬化物の基礎的な特性・機能を中心に紹介する。

 

 

◎ 次世代燃料電池を目指した高分子薄膜への挑戦………………….. (15:25~16:35)

                                                                                                                                  山梨大学 クリーンエネルギー研究センター 教授  宮 武 健 治

燃料電池は自動車用駆動電源や家庭用熱電供給システムとして実用化し、水素社会の中核技術として普及が進められている。これまでの燃料電池技術開発は日本が世界をリードしてきているが、今後もトップランナーであり続けるためには次世代燃料電池に向けて戦略的な投資が欠かせない。本講演では燃料電池の主要構成材料の一つであるイオン導電性高分子薄膜に焦点を絞り、現状と課題、将来展望について山梨大学の取り組みを中心に紹介する。

申込要領

◎受   講   費 ……  大阪工研協会会員 12,300円

                         協 賛 団 体 会 員  12,300円

                         一        般 20,500円

                                                   ※テキスト、消費税含む

◎全 体 定 員 ……  100名(申込先着順)

◎申込〆切日 ……  2018年10月17日(水)

◎申 込 方 法 ……  受講申込書に必要事項を明記のうえFAXまたはE-mail、WEB(イベント情報)からお申込み下さい。

                         〒536-8553 大阪市城東区森之宮1-6-50 (地独)大阪産業技術研究所

                                                                                               森之宮センター内

                          大阪工研協会講習会事務局  TEL 06-6962-5307 FAX 06-6963-2414

                          E-mail:info@osakaira.com  http://www.osakaira.com

◎送 金 方 法 ……   現金書留または三菱UFJ銀行今里北支店「大阪工研協会講習会事務局」

                          普通預金口座(口座番号0979828)へ

◎受   講   券  ……  受講費払込みと同時に発行いたします。

 お申込みいただいたお名前等の個人情報は、受講確認および今後の講習会ご案内以外の目的には使用いたしません。