イベント情報

第106回ニューフロンティア材料部会例会

ものづくりにおけるAIおよびマテリアルズ・インフォマティクス(MI)の活用

―データの可視化により加速する材料開発と製品化プロセス―

ご  案  内

実験科学とデータ科学の融合により材料開発から製品化にいたるすべての時間とコストを大幅に削減しようとする試みが現在世界中で広がっています。ものづくりの多くの部分はこれまで勘と経験が大きなウエイトを占めていましたが,今後は人工知能(AI)およびマテリアルズ・インフォマティクス(MI)を活用してデータを可視化することによりプロセスを迅速かつ効率的に進めることが戦略の鍵となります。今回の講演会では、材料開発におけるAIやMIの活用に向けた現状と展望に焦点を当てました。話題提供として、機能予測研究分野でご活躍されている大阪大学の小口先生にMIの現状と展望についてご講演していただきます。また、東レ㈱の茂本先生には、高分子材料設計への計算化学の適用についてご講演いただきます。新技術・新製品紹介では、SAS Institute Japan㈱から材料開発を効率化する実験計画法、新日鉄住金化学㈱からは、高分子材料の最適設計・評価支援ツール、三菱電機㈱からは、高分子材料の熱伝導率シミュレーション、長瀬産業㈱からは、データ統合によるAIプラットフォームについて、ご紹介いただきます。また、参加者相互の情報交換と交流を深めていただくことを目的として、講演終了後に講師の方々を囲む情報交換会を設定していますので、多数の方々の御参加をお待ちしています。

事業名  第106回ニューフロンティア材料部会例会
開催日  2018年11月14日(水) 13:00より
場 所  KKRホテル大阪
定 員  100名(申込先着順)
参加費  10,800円(当日受付にていただきます)
主 催 (一社)大阪工研協会
後 援 (地独)大阪産業技術研究所
パンフレット  【PDF】第106回ニューフロンティア材料部会例会

プログラム

◎ 話題提供

1.マテリアルズ・インフォマティクスの現状と展望                                                                                                                                   (13:00~14:10)

  (スピーカー)                                                                                                                             大阪大学 産業科学研究所 教授  小 口 多美夫 氏

  (コーディネーター)                                                                                                                                   和歌山大学 名誉教授  木 村 恵 一 氏

ビッグデータやAIに関する話題がマスコミで毎日のように取り上げられている。データ科学の手法はそれらの基礎を与えているが、単なるデータフィッティングの域を超えて、変数間の相関関係を抽出し、最適解を与え、様々な分野での研究開発の加速化が進んでいる。ここでは、データ科学を物質・材料研究分野に応用した、いわゆるマテリアルズ・ インフォマティクスの概要を紹介し、今後を展望する。

 

2.計算科学による高分子材料設計の現状と展望                                                                                                                                        (14:10~15:20)

  (スピーカー)                                                                                                                       東レ㈱ 先端材料研究所 主席研究員  茂 本   勇 氏

  (コーディネーター)                                                                                                                                                 ㈱日本触媒  河 野 克 之 氏

先端素材の研究開発において、分子シミュレーションや第一原理計算など計算科学の活用はもはや不可欠となりつつある。さらに近年では、人工知能の材料設計への応用とし て、マテリアルズ・インフォマティクスが注目を集めている。本講演では、高分子材料設計への計算科学適用の現状と展望について、演者の試行錯誤を踏まえて考えたい。

 

◎ 新技術・新製品紹介

① 材料開発を効率化するための実験計画法                                                                                                                                              (15:30~16:00)

                                                                                                                                  SAS Institute Japan㈱ JMPジャパン事業部  勝 村 裕 一 氏

材料や製品を望ましい特性にするためには、実験条件や製造条件を最適化する必要があります。しかし、既存の実験データがない場合には、実験を行い、データを取得する必  要があります。実験を効率的に行うための統計手法が実験計画法です。統計解析ソフトJMP®を使った実験の計画、データの分析例について紹介します。

 

② 構造用高分子材料の実用型最適設計・総合評価支援ツールの開発                                                                                                              (16:00~16:30)

                                                                                                                                                     新日鉄住金化学㈱ 総合研究所  藤 元 伸 悦 氏

戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「革新的構造材料」にて当社が取り組んでいる研究開発の概要を紹介する。熱硬化性の構造用高分子材料の分子構造と力学的特  性の関連性を調べるため、エポキシ系樹脂の構造を分子動力学法により解析し、数学的手法を用いて分子構造と力学特性に影響を及ぼす材料不均一性との相関について検討し

ている。

 

③ 高分子材料の熱伝導率シミュレーション                                                                                                                                             (16:30~17:00)

                                                                                                                                                  三菱電機㈱ 先端技術総合研究所  鴇 崎 晋 也 氏

高分子材料は電子機器の絶縁材料として多用されるが、熱伝導率が著しく低いため放熱のボトルネックとなる。高分子材料の高熱伝導化のためには、熱伝導を担う原子・分子  の熱振動状態を理解することが重要である。今回、高分子構造と熱伝導の関係を原子・分子レベルから予測できる分子シミュレーション技術を紹介する。

 

④ 製造業向けAIプラットフォーム「Sight Machine」                                                                                                                            (17:00~17:30)

                                                                                                                                                              長瀬産業㈱ 経営企画部  藤 本   拓 氏

「Sight Machine」は、生産現場に点在する様々なデータを統合・分析し、生産活動の可視化、品質改善、生産性向上に活用されるAI(人工知能)プラットフォームで、グロ

 ーバル企業での採用実績をベースに、昨年日本市場に参入し、NAGASEグループが米国ベンチャー Sight Machine社とのパートナーシップにより、国内製造業者への提案を

進めている。

情報交換会 ~話題と人の輪を広げるために~

申込要領

定             員 100名(申込先着順)

参   加   費 10,800円(当日受付にていただきます)

申   込   先 〒536-8553 大阪市城東区森之宮1-6-50  (地独) 大阪産業技術研究所森之宮センター内

お問い合せ先  一般社団法人大阪工研協会宛 TEL(06)6962-5307 FAX(06)6963-2414

                     E-mail: info@osakaira.com   http://www.osakaira.com

◎参加ご希望の方は下記申込書にて2018年11月7日(水)までにお申し込み下さい。

WEB(イベント情報)からの申込みも可能です。